スポンサーサイト

  • 2015.11.20 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    『 新年 』 column by  Mr.Kawasaki

    • 2015.01.14 Wednesday
    • 06:35
    題 新年
    平成27年が始まって早や2週間近く、新年の誓いも色あせるころになり、
    改めて今年目標を定め直したところです。

    毎月日経の朝刊に連載されている「私の履歴書」が1月1日から王 貞治氏で大変興味深いものになっており、残り2週間余日がどのような展開になるか毎日楽しみにしています

    先月は萩本 欽一氏でこれも大変面白いものでありました。

    毎月これを読んでいて気づくことに、この連載に登場してくる人には、何かの転換期に必ずと言っていいほど「その人」との出会いがあり、これを糧として「運」呼び込む努力をし、大成していることです。

    私も、今縁あって家庭教師をいう、教育に係る仕事をやっていますが、同じ職業をされている方々の出会いを通じ、新たな「運」を呼び込みたいと念じているところです。

    2015/01/13
    渕上 浩志

    次回のテーマは、
    「運」です。

     

    『 誠実 』 column by  Mr.Kawasaki

    • 2015.01.08 Thursday
    • 08:29
    題    誠実

    今朝の新聞の一面に「STAP細胞は無かった。」という見出しがあった。
    しかし本当に「無かった」と言い切れるのだろうか。
    今は分からないだけで、近い将来にはちゃんと発見されるのではないだろうか?
     
    あるいは研究者は自分がデータを捏造したり、
    改ざんしていることを承知の上で「STAP細胞はあります。」と期待したのかもしれない。

    願わくばそこに誠意が欲しかった。
    事実や真実を素直に認め、自然に向き合う誠実さが欲しかったと思う。

    次回のテーマは、『新年』です。


    今回、久しぶりのリレーコラム再開です。

    PR
    さくら家庭教師センターオフィシャルホームページ
    リニューアルしましたヽ(・∀・)ノ
    http://sakura-planning.biz/

    『 英語 』 column by  Mr.koyanagi

    • 2013.04.12 Friday
    • 07:04

     英語力とは、

    つまる所日本語力に等しいと思う。


    でなければ、

    バイリンガルなんて成立しないと思う。

    昨年、地球一周クルーズにいって実感したことです。



    次回のテーマは、

    『誠実』です。




    『こわい話』 column by  Mr.A

    • 2013.01.28 Monday
    • 21:57

    今回のコラミストは、Mr.A 先生です。

    難しいテーマに対して果敢に挑みました!
     

    【こわい話】

     私がこわい話と聞いて思い浮かぶのは、知人の奥さんの話です。


    その方には、どうも霊感があるらしく、いろんなものが見えたり、聞こえたりするそうです。
    朝、寝ていると、奥の部屋で目覚まし時計が鳴り、バタバタと身支度する音が聞こえる。

    もちろん、彼女以外家の中には誰もいません。廊下を走ったりする音や、洗面所の水の音が聞こえるそうで、誰かいるのかと洗面所に行ってみると、誰もいないということです。  

      ある時は、玄関の扉が開いて入ってくる音がし、タンタンと廊下を歩いて、彼女の部屋にやってきて、耳元で彼女の名前を囁いたそうです。  

    彼女はごく普通の方で、嘘をつくような人ではありません。本当の話だろうけど、理解できない。
    ここが興味深いところです。私は否定派で、霊感もありませんが、
    たまにはロマンに浸ることも大切かもしれません。




    次回のテーマは、「英語」です。

    『私の宝物』 column by KANA

    • 2012.12.27 Thursday
    • 13:03

    今回のコラミストは、カナ先生です☆ 


    「私の宝物」

    このテーマを聞いて、思い浮かべたものは色々ある。

    去年衝動買いしたサマンサのピンクのバッグ?
    就職のときに購入したグリーンのエッセ(軽自動車)?

    それとも、それとも……。

    考えるうちに、疑問がわいてきた。


    そもそも、宝物とは何だろう?

    高価なもの?

    昔から愛用しているもの?

    大事な人にもらったもの?

    でも、そのどれもが、宝物と呼ぶには何か足りない。
    火事のときに持って逃げるほどのものは、その中にはない。
    宝物とは、たぶん、お金で買えるものではないのだ。

    お金で買えるものは、それがどんなに魅力的で価値があったとしても、
    手に入れたとたん、色あせてしまう。
    時間がたてば、それを所有していることに慣れてきて、
    だんだんとぞんざいな扱いになってくる。

    宝物とは、手にとって眺めることのできるものではない。
    手に入れたら、色あせてしまうものでもない。

    手に入れてからの方が、大切だと思えるものだ。

    今の私にとっての宝物は、家族の命や友人たちとの絆だと思う。

    そして、いつか結婚したなら夫が、出産したなら我が子が、そこに加わるのだろう。

    目に見える「物」が宝物だと言う人もいるかもしれない。

    だけど、
    その中にはきっと、思い出とか愛情とか、見えない「気持ち」が詰まっているはずだ。
    宝物とは、「誰かの心が宿っているもの」のことだと、私は考える。


    次回のテーマ→「こわい話」

    寒いけど、こわい話が聞きたいです。
    怪談でもいいし、「ある意味こわい」とかでも大丈夫です。
    よろしくお願いします。

    『日本文化』 column by Kitahara

    • 2012.11.26 Monday
    • 20:40

     
    今回のコラミストは元社会科高校教師 北原先生です。

    私は、お茶(茶道表千家)を始めて約三十五年になります。
    元々、何か日本的なことをやりたい気持ちはありました。
    高校に勤めていとき、講師に来られた坊さんがお茶の師匠で、これをきっかけ始めました。
    
    あわただしい日常生活の中で、お茶をしている時は別の空間にいて、
    「日本文化」に親しんでいるようで、最高の気分転換になります。
    
    お茶は総合的な文化で、礼節から衣食住など多方面に関わります。
    たとえば挨拶では、二つのことを同時にせず、一つずつ順序正しく進めることを学びました。
    
    茶懐石の作法では、フランス料理のテーブルマナーに通じる点や異なる点を知りました。
    
    スポーツでは、スキーを四十年以上・山登りを二十年ばかりしています。
    
    しかし、体力の限界がきたら無理です。それに対し、お茶は一生続けることが出来ると思っています。
    
    

    次のテーマは「私の宝物」にします。

    『夢』 column by Nishiwaki

    • 2012.10.02 Tuesday
    • 01:58

     
     「夢」


    夢には二つある

    一つは、睡眠中あたかも現実の経験であるかのように感じる、
    一連の観念や心像のこと。


    もう1つは、将来実現させたいと思っていること。



    夢、という言葉は色々な意味を含んでいる。


    将来のことは勿論ではあるが、目の前の目標に、
    夢という言葉を用いてもいいと思う。

    私は、夢とは自分の力で実現させるものだと思っている。


    他の人と比べて大きな夢でも小さな夢でも、
    それがその人の夢であるのなら尊重するべきものだと、私は思っています。



    次回のテーマは、『日本文化』です。

    『お金』 column by Shiori

    • 2012.08.15 Wednesday
    • 21:30

    今回のコラミストは、

    来春 結婚予定☆ 

    集合勉強会 教室長 史織先生 です。

    「お金」
    流通貨幣の一つ 使い方次第で人を幸福にも不幸にもする。
     
    お金を巡り殺人、傷害、窃盗事件なども起き、
    愛が手に入ることもある時に恐ろしいもの。
     
    日本では昨年東日本大震災とゆう大きな震災に遭い国民は絶望した。
    
    家、家族を失い食事もとれない被災者。
    電気もガスもない生活。
    そんなところでお金を手にして意味があっただろうか?
    
    お金が失ったものを取り戻してくれるだろうか?
    

    あの大惨事から日本国民は大きなものを失いそして何が自分にとって一番大切なのか気付いたであろう。

    お金では手に入れる事のできないそれぞれの大切なものを守って欲しい。貫いて欲しい。

    それが希望になるはず。今、私達は試されている。
    これからの日本を担う若い世代で新しい日本を変えて行こう。
    お金はその手段の一つである事を忘れないで欲しい。

     

    次回テーマは「夢」

    『旅行』 column by Ms N

    • 2012.07.24 Tuesday
    • 23:24
    今回のコラミストは
    国立小学生のお子様を持つ保護者の方です。
     
    子育て中の主婦Nです。「旅行」といえば海外。まだのお子さんには早めの海外デビューをおすすめします。TVの取材番組や海外ドラマ、映画を見るのとは異なり、外国を実体験するインパクトは想像以上です。まず、ネイティブの英語をliveで聴くと語学への興味がグンとUPます。外国語でペラペラ話すのってカッコいい!早くいろんな言葉を覚えたい!単純にそんな欲求が強まるようで。しかも会話したら日本人のカタカナ英語が向こうでは通じないという事実に愕然(;゜Д゜)! “点数を取る目的だけにしかたなく勉強する英語”から“”外国人とコミュニケーションするために自発的に学ぶ英語”へ。このシフトチェンジは大きいですよー。また、旅行中は出会う人や見るものすべてが新しい発見です。文化の違いに気づいたり、常識が通じないことに驚いたり、逆に日本の良さや魅力を再認識したり。確実に視野が広がってます。旅行の後は親子の会話も増えますよっ。さあ一緒にプランを立ててGo abroad!!


    次回のテーマは、『お金』 です。

     

    『映画』 column by NAKAO

    • 2012.05.27 Sunday
    • 21:38
     「映画」といえば、私がまず思い出すのは『トイレット』です。‘え? トイレ? それって映画のタイトルなの?’と思われる方も多いかもしれません。そうなんです。れっきとした映画なんですよ。荻上直子監督のものです。他にも『かもめ食堂』や『めがね』という作品もありますので、なんとなく聞いたことがあるという方もおられるのではと思います。トイレにとても長く入って、出てくると必ず大きなため息をつくおばあちゃんが主人公です。決して汚い映画ではありません。家族の心の交流を描いた映画です。おばあちゃん役は女優のもたいまさこさん、とても味のある女優さんです。この監督の作品は3本ともに不思議な雰囲気を持っていますが、「人はその人らしく生きていいんだよ」というメッセージを発しているような気がします。ふざけた内容ではないのに、結構笑えますよ。

    次回のメルマガ・リレーコラムのタイトルは「お笑い」などいかがですか?その他「遊園地」「旅行」「ペット」などいろいろ思いつくものはありますが…。6月も近いですから「梅雨」「雨」などもいいかもしれませんよ。

    それでは、

    次回のテーマは、『旅行』です。

    Check

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << September 2016 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM